建物に関するFAQ

Q1:良い物件の見分け方は?
  :下見の際に、次の事をチェックしてみてください。
  • 音と臭い
    最大の注意点です。戸や窓の開閉、水を出す、歩き回るなど、実際の生活で起こることをできる限りやってみることです。上の階の音はどれくらい響くか、排水はどうかなどもチェックしましょう。

  • 収納量
    持っている荷物にもよりますが、2DKなら1間幅の押入は2つ欲しいです。天袋があるかどうかでも収納量は変わってきます。家具のサイズをメモしておき、下見の際にはメジャー持参でレイアウトを考えましょう。

  • 距離・環境
    不動産の表示規則では「1分間80m」で駅や周辺施設への所要時間を割り出しているが、実際に自分で歩いて確かめた方が良いでしょう。
  • その道すがら、商店や病院などあるかどうか、いろいろチェックしましょう。
    ★室内のチェックポイント ★物件周辺のチェックポイント
    陽当たり・風通し
    窓からの景色
    防音
    収納スペース
    部屋の広さ・天井の高さ
    コンセントの数
    必要な設備
    買い物の利便性
    駐車場の場所
    付近の施設
    昼夜の変化
    駅やバス停までの所要時間
Q2:賃貸住宅と分譲住宅の違いはなんでしか?
  :賃貸住宅は、最初から誰かに貸すことを目的としてたてられた物件です。
一方、分譲住宅は分譲物件を賃貸として利用している物件です。
賃貸住宅の場合は、オーナーはその建物を建てた大家さんですが、分譲住宅は、その物件を分譲者の場合と、その部屋を購入した個人や企業がオーナーの場合があります。

●特徴●
賃貸住宅 ・賃貸専用の住宅なのでニーズにあった制度→無理な規制を感じない
・アパートはほとんど賃貸住宅になっている。
分譲住宅 ・居住者が長期間(一生)住むことを想定しているため、作りが強固で設備も充実している。
・その建物の規則(管理組合など)に従って生活する→建物によっては規則が厳しいところも。
・オーナーの事情によっては(転勤、社宅ets....)次回、緩怠ンに更新ができるとは限らない。
ただし、大家さんの考え方はオーナーの目的によっても違うので気になった時は仲介業者に聞いてみましょう。賃貸住宅の場合、周囲は同じ賃貸居住者ですが、分譲住宅の場合は基本的に所有者の人たちです。特に住環境に敏感ですのでマナーには十分注意しましょう。
Q3:ロフト・グルニエ・メゾネット。それぞれの意味は?
  :ロフトの意味は屋根裏、倉庫の事。ワンルームに良く見られる中2階のスペースを指します。
屋根裏部屋や屋根裏の収納スペースはグルニエと呼びます。
メゾネットは、2階分のスペースを1部屋として使うもので中に階段があり、間取りが立体的な広がりを持つので若者に人気があります。
Q4:LDKとDKの違いは?
  :まず、Kというのはキッチン(台所)のある部屋を表しています。Dはダイニング(食事室)、Lはリビング(居間)の意味です。
つまりDKは「ダイニング+キッチン」、LDKは「リビング+ダイニング+キッチン」のスペースがありますよということです。
以下は具体的な基準です。
表 示 広 さ
    K    4.5畳以下
    DK     6畳
    LDK     9畳以上
ただし、畳の種類によっては、多少広さも変わってきます。あくまで間取りは参考程度にしておいて、必ず実際に目で見て部屋の印象を確認しましょう。

 


Q1:職業が正社員ではなく、派遣やアルバイトでも部屋を借りることはできますか?
  :保証人を立てれば問題ありません。保証人がいない場合は保証人協会で対応することになります。ただし、管理会社・大家さんの審査基準は物件によって違いますので確認をしてください。
Q2:連帯保証人は家族以外でも大丈夫ですか?
  :当社は連帯保証人を”家族限定”と、させて頂いております。
Q3:失業中でも部屋を借りることができますか?
  :賃貸物件の入所審査については、家主・管理会社によって異なりますので、一概には言えませんが難しいことが多いようです。仲介会社にてご確認ください。
Q4:今住んでいる物件より気に入った物件を見つけました。契約期限はまだ先なのですが、住み替えることはできますか?
  :もちろん可能です。ただし注意することが2点あります。
●賃貸契約書の確認
まず、今の住まいの賃貸契約書を確認してみましょう。解約時の規定が書かれているでしょう。例えば、「1ヶ月前までに申し出れば契約を解除できる」などです。特に記載がない時は、3ヶ月前までの申し入れが原則(民法)です。その分(1ヶ月前までなら1カ月分、3ヶ月前までなら3ヶ月前までなら3ヶ月分)の家賃を支払えば解約できます。
さて、そうとわかれば新居の申し込みです。住む場所がなくならないように、借主には、新居に住めることが確実になってから申し出るようにしましょう。
●二重家賃
家賃というのは、その部屋への入所可能日から発生します。もし、空き部屋で即日入居可能であれば契約したその日から発生し、まだ内装が住んでいなかったり住居者がいたりする場合は、部屋が入居で入る状態になった時から発生するわけです。一方、現在の住まいに関しては、退去を申し入れてから実際に退去するまでは家賃が必要です。この新居の入居可能日から旧居の正式解約日までの期間、二重に家賃を支払うことになります。新居の入居可能日と旧居の退去日(正式な解約日)が近ければ、経済的負担が少なくて済みます。
良い物件を見つけた時には焦らずに、しかし、決断力をもってタイミングよく決行しましょう!
Q5:現在フリーターです。近々、同じフリーターの彼と一緒にアパートを借りて暮らしたいと思います。2人で部屋を借りることはできますか?
その時次の事が気になるのですが・・・。
1 就職先のこと (最初に必要なお金は用意できるのですが、安定した就職先がないと部屋は借りれないのでしょうか?)
2 契約時の名義 (部屋を2人で借りることになるのですがどちらの名義で借りればいいのでしょうか?)
3 源泉徴収のこと (現在のアルバイトでは源泉徴収票をもらっていません。契約時に差し支えありますか?)
 
1 就職先のこと
管理会社、不同参会者によっては違いはあると思いますがフリーターの方の入居は基本的には難しいところが多いようです。また、ご婚約されていない・・・というのも管理会社によっては断られる場合があるようです。
2 契約時の名義
契約者名義はどちらかの方になると思いますが、もう1人も同居人として契約書に記載されることになります。
また、それぞれのご両親を連帯保証人として立てていただくことになるのが一般的です。
3 源泉徴収のこと
こちらも管理会社によると思いますが、契約時に源泉徴収票が必要無いところもありますので、詳細は管理会社か不動産業者に直接お問い合わせされるとよいでしょう。また、源泉徴収票を必要とするところは、一定の収入があるかどうか確認するところですのでそういった管理会社のところは入居するのが厳しいかと思われます。
Q6:1人暮らしをするのに、親を保証人にしてアパートを借りたのですが、途中から彼と一緒に住むと契約違反になってしまうのでしょうか。彼の住民票を移さなくても一緒に住んでいるということになるのでしょうか?
  :基本的に1R・1Kタイプのお部屋は1人入居が原則となっているところがほとんどです。ですので、契約違反になる可能性があります。また、お部屋の使用については善管注意義務の上で原則的に自由です。
彼と一緒に住むことが善管注意義務を外れるかどうかは各自解釈が異なると思いますので、各自のモラル等の問題になると思われます。

ライフスタイルに合わせてお部屋探し

ペットと住む賃貸物件新築・新しい築浅賃貸物件新婚カップルの新居 賃貸物件ファミリー向け賃貸物件
駅から近い賃貸物件1人暮らし単身おひとりさま向け賃貸物件戸建貸家借家賃貸物件入居費用15万円以内の賃貸物件

価格別の賃貸物件間取り別の賃貸物件地域エリア別の賃貸物件



旭土地建物有限会社トップページへ   このページの先頭へ